検索
/

メシマズあるある3選

料理下手はデメリットだらけ

今回は、禁断の話題であるメシマズについての記事を書いてみたので紹介する。

りょう

料理本や料理サイトなどのメニューは意外と難しいものが多い。

ある程度の料理経験がある人なら「なんとなくこんな感じ」というイメージでそれなりのものが作れるだろう。

全く料理経験のない、包丁すら握ったことのない人の場合だとそう簡単にいかないはずだ。

また、愛がこもっている料理はみんな美味しい!
といった考えは捨てたほうがいい。

どんだけ愛情注いでも不味いもんは不味いのだから。

メシマズあるある


1、肉が生

見た目は美味しそうなハンバーグ。でも真ん中から半分にカットしたらなにやら赤いものが…。

鶏肉のから揚げ、見た目は普通だけど食べたら生臭いし食感はブニブニ…。

火加減調整が上手くいかなくて、表面は焼けているけど中身が生なパターン。
普通に販売されている生肉はレアでも食べれるかも…、ということは絶対にない。

健康的に害のある可能性が高いので完全にダメである。

2、味見をしない

ものすごく味が薄すぎて不味い、逆に濃すぎて食べれないなど、味見をしなかった場合によくあるメシマズ。

また、塩コショウだけで味付けとか醤油だけで味付け、というケースもある。

単純すぎる味付けの料理はいくら美味しそうに見えても不味い

食事制限をしているほどの、ダイエット意識が高い人でなければ好まれない料理を作ってしまう可能性があるので、味見は必ずしたほうがいい。

3、レシピ通りに作ったのに全然違う

料理本や料理サイトを見て作ったのに出来上がったら全く違うもの、というパターン。

ロールキャベツが塩辛いキャベツスープになったり、醤油ベースで味がほとんど無い肉じゃがになったりする。

それでも「ちゃんとレシピの通りに作った」と言い張るなら完全にメシマズな可能性が高い。

健康的にもよくないメシマズ料理

肉や魚はちゃんと火を通さないと滅菌されない。なので、生のまま体内に入ると食中毒やウィルス性の病気などを引き起こす

さらに、食材のありえない組み合わせは身体の中で悪影響となる成分を作り出してしまう恐れがあり、予想外な事態を招くだろう。

こんな料理になってない?

シャバシャバカレー
お水が多すぎたカレー。味も薄くなっているのでご飯が進まない。

鱗(ウロコ)入りの煮つけ
魚の表面の鱗が口の中で凶器と化す。

ダシが利いていない味噌汁
ダシが入っていないお味噌汁。味噌の風味だけで美味しくない。

生地がほぼ生のお好み焼き
新鮮な野菜の味と食感を、粉臭いヌルっとした生地で閉じました。

メシマズへのあるあるリアクション

黙って食べる

「美味しいよ」と嘘をつきたくないし、せっかく作ってくれたのに「不味い」と言ったら激怒されそう、という気持ちなので終始無言で黙々と食べるパターン。

精神的苦痛が大きいうえ、身体によくないものを食べている可能性もあるので体調を酷く崩す結果となる。

「美味しい」と嘘をつく

「黙って食べる」ことが無理な状況。相手から美味しいよね?と聞かれたら不味くても「美味しいよ!」と答えてしまうお人良しに多い行動。 ちなみに、親を困らせたくない子供も似たような態度をとる場合がある。

もはや「悲惨」という言葉以外思いつかなくなるほどキツイ惨状につながるケースもある。メシマズ要改善案件。

「不味い」と言う

100パーセント正しい判断といえる。嘘もついていないし、傷つくのはメシマズだけ。気が付いて改善していくならなお良し。

ただし、「不味い」と言われて激怒してしまった場合はケンカになって関係が悪化する。

キレる

「こんな不味い料理を食わせやがって!嫌がらせか?俺を病院送りにしたいのか!?」など、攻撃的な性格の人がとる行動。

さらに、作った料理がそのままゴミ箱かシンクへダイブするなんてこともある。

モテたいなら料理上手なほうがいい

「女は料理ができて当たり前だ」という考え方は今どきそんなに多く存在しないと思うが、料理ができる女がモテるのは確か。

例を出すとこんな感じ

一般的に激モテ。でも本当はメシマズでモテない
  • 可愛い、または美人
  • スタイルがいい
  • 性格がよい
  • 料理が絶望的に苦手(我慢しても食べれるかどうか微妙)
平均的。でも料理が出来るのでモテる
  • さ〇しーより少しブス
  • スタイル普通
  • 性格普通
  • 料理上手で美味しいご飯が作れる(毎日食べたいレベル)

俺ならちょいブスなほうを選ぶ。

食欲は単純な欲求だろう。だがしかし、奥が深い。なので「男の胃袋を掴めば逃げられることはない」とよくいわれるのだろう。

不味けりゃ食うな!はNG

美味しくないなら食べなくてもいいよ!」と言うのはやめたほうがいい。

作ってくれたのがメシマズでそれを食べているとき、当人は以下のように考えているはずだ。

優しい人の場合

・「頑張って作ってくれたからなるべく食べたい、我慢しよう。」

・「きっと何かの間違いで不味くなったんだろう。次はちゃんと美味しいものを作ってくれるはずだ。」

大体はこう思っている

・「なんでこんな不味いもの食べなきゃならんのだ?でも言ったら怒られそうだから我慢するか・・・」

・「いくらなんでも不味すぎる。これは我慢できない。お腹いっぱいだからと嘘ついて残すか・・・」

自分のために作ってくれたメシマズ料理を我慢して食べているケースは多い。
不味けりゃ食うな」は火に油を注ぐようなもの。もし、そんなことを言ったら確実に相手の気分を不快にさせてしまうので注意しよう。

また、相手の苦手な食材をわざわざ使って料理するのも完全に嫌がらせ

外食でも食べれないほどの苦手なものを普通に調理して食べれるわけがない。よほど料理の腕に自信がある人以外は避けたほうが無難。

メシマズへの気持ち

【頑張って作る=美味しい】ではない

いくら一生懸命に料理したとしても不味かったら意味がない。

ああ、頑張って作ってくれたんだな」と思うより先に「このメシ、食べ続けても平気だろうか?お腹壊さないだろうか?」という心配のほうが先に来る。

今後の付き合いが心配

仮に、付き合って一緒に住むとなった場合、メシマズは間違いなく破局の一因となるだろう。不味い料理なんて毎日我慢して食べようとは思わないはずだ。

ちなみに、「これはちょっと美味しくないかも…」という言葉を素直に受け止めてくれるなら救いがあるかもしれないが「酷い。私の作ったものが食べられないの?」とキレるなら救えないメシマズだと認定され距離を置かれる。


自覚しているなら何とかしてほしい

たとえ作ってくれる料理がすごく不味くても、いつか料理が上手くなると願っている。

さらには、「これ美味しくないよ」とか「ちょっと不味いね、この料理」とか伝えてくれる男ならメシマズからの脱却を信じての発言といえる。

この料理、不味い」と料理を作ってくれた相手に伝えるリスクは計り知れない。

赤面したり号泣して怒る女の姿を想像しながらも、そんな言葉を口にする男。

裏を返せば、自分がどんなにキツくリアクションされても女の美味い料理が食べたい、正直に伝えることで料理が上手になってくれるなら、という期待を胸に「不味い」と発言している場合もある。

まとめ


「料理が不味い」とはっきり言える男は絶滅危惧種といえるほど稀な存在だろう。

だが、そんな悩みを我慢してまで黙々とメシマズ料理を食べている男は、頑張って料理をごちそうしてくれる女のことがやっぱり好きなのだ。

そんないい男をせっかく捕まえたのに逃すのはもったいないので、この記事をキッカケに料理が少しでも上手くなれば彼もあなたから離れていくことはないだろう。

目次へ

先頭へ