検索
/

男が男に聞いた「付き合ってもいないのにLINEでハートを送られたらどうよ?」な件

lineで女子からハートが送られてきたら…

男が付き合っていない女の子からlineでハートをもらったとき、周りの皆にもに使っているのか?とか、暇なのか?と考える人がいらしい。確かに俺もそうだと思う。それに、「好意的」と受け取るヤツもいるし、さらには、何か特別な感情を抱くという輩も少々いるそうだ。

もっとも注意せねばならないのは、勘違いするアホが必ず存在するということ。

lineのやりとりの流れで「自分が好まれている」と感じるなど、人それぞれでハートの捉え方に差はある。



あいさつにハート

  • おはよう!
  • こんにちは!!
  • こんばんわ!!!
  • ありがとう!!!!
  • おつかれさまです!!!!!!

よりも、

  • おはようございます
  • こんにちは♡♡
  • こんばんわ♡♡♡
  • ありがとうございます♡♡♡♡
  • おつかれさまです♡♡♡♡♡♡

のほうが、明るく女の子っぽい可愛いイメージがある。ただ、こんなハートの使い方は相手によっては誤解されてしまう可能性が高い。 そうなると、あとで面倒な状況になることだってありえるだろう。

lineなどでのハートのやりとりは、女性のあいだで使うことも結構多いはず。仲の良い関係なら男女でもアリかもしれんが、 そうでない相手にハートを使うと勘違いするバカな男は確実にいる。

なお、気になる男性には逆にハートを使わない、というなかなか上玉な女の子もいる。アイツはいい女だった。

男性がハートを受け取ったとき

■女の子からのハートは嬉しい
ないとは思うけど、ドキドキしたいから全然イイ
モテているという感覚が得られるのがイイ
恋愛感情はないけど好感度はあがるよね。

■ただのアイコン。あんまり気にしない。
lineではとくに個人的な感情は芽生えないので何も感じません。

ハートごときで左右されるほどブレないので。

ヒマなのかな?相手してほしい?って思います。

■戸惑うからほどほどにしてほしい
誤解を生むのでやめてほしい。

この人、自分のこと好きかもと思ってしまう

その気がないのなら、惑わさないでください。好きになってしまいます。///


以上のように、男性にハートを送ると人それぞれいろんな捉え方をする。また、女の子にその気がないと知っていてもハートに過剰反応するのが男の性だ。

もしかするとこのコ、オレのこと好きかも?なパターン

男は妄想が好きな生き物。メールの内容によっては「ひょっとしたら…?」 と勘違いしてしまうケースだって十分にある。
lineで送ったハートに相手への恋愛感情や愛情表現が含まれていない場合でも「オレ狙われてる?」と考えて身構えるだろう。

「勘違いさせるような行動はしないでほしい」という男もいるので、相手によってハートを使うか否か検討するのをおすすめする。

もしも、「オレ、ハートとか絵文字がそもそも苦手だし、そんなのは大キライだ。」な男性にハートを送ると、高い確率で嫌われる可能性大なので用注意。

ちなみに、狙っている男性がいるならハートを頻繁に使うのは相手の気を引くためにアリ。ただ、度が過ぎたレベルでハートばかり使うと逆に嫌われる可能性もあるので、男の喜びそうなポイントをおさえつつ上手く使いこなそう。



自然な流れでハートを使う

何気ないlineのやりとりでもハートスタンプを使えば好感度がアップする
たとえばこんなふう

明日の予定は○○で待ち合わせなー。

了解です♡♡←コレ

自然にハートスタンプを利用すれば、だいぶ印象が変わって好感をもたれることもある。

好きな人にlineハートスタンプを送りたい、返事が欲しいとき

だれかれ構わずにハートスタンプを送ると、軽いイメージを持たれてしまう。ハートスタンプを男の人に送る場合は、相手を見極めてから送るといいだろう。

それでもlineハートスタンプを送りたい場合は、「好き」や「恋愛」などに直結しない内容や文章にするのがおすすめだ。本当に好きな場合は素直に送って構わない。もし、相手が好意を抱いているならいい返事が返ってくるはずだ。

駆け引きを試みる

結論を急ぎすぎると相手が冷めてしまう可能性がある。少しだけ身を引いて違う視点から自分と相手の立ち居地を見てみるといい。

男性は甘えられるのが好きなタイプが多い。「自分をもっと必要としてほしい」という気持ちが強い生き物だ。 たとえば、「ジャムの瓶のフタが開かないからお願い」とか「お菓子の袋が開かないからあけて」とかでも喜んで応える。

些細なことでもいいので甘えてみるのも手だ。ちょっとした悩みや相談をしてみるのも男心をくすぐる手段としての良い方法だといえる。

男性が脈アリな場合…

■lineの返事が早い
男は、好きな人には早く返事をしてあげようと考えることが多い。 ただ、時間的にすぐに返事を返せない状況だったり仕事の都合ですぐに返信できない場合もあることを頭に入れておいてくれ。

■必ず返事が来る
脈がなければ返事をする必要はないと考えるのが男。気になる女のことを意識しているなら必ず返事を返すだろう。

■絵文字や顔文字がある
男は気を引こうとしたり、好かれようとして絵文字や顔文字を使って意中の女を喜ばせたいと考えている。 どうでもいいと思っている人に対して、わざわざlineなどで絵文字や顔文字を使うことはない。

■男性のほうからline
これといった用事がないのに男からlineが来た場合、明らかに興味があると考えていいだろう。

■長くlineのやり取りをしてくれる
些細なlineでも付き合ってくれるなら、好意を持っているのは明らか。 男は面倒なことはしたくないと考える人が多い。興味のない相手には会話を続けようとしない。

■たくさん褒める
外見やちょっとしたことを褒めたりする場合は、興味や好意を抱いている可能性が高い。 ただし、下心や遊び目的で褒めるパターンもあるので注意が必要。

男が冷めるline

男性のlineの既読無視について

■忙しいから
仕事や予定に追われlineを返す暇がない。時間に余裕ができたら返信する予定。でも、気になる相手ならすぐにメッセージを返すと思うので、早めに返事がない場合は「そんなに気になる相手として認識されていない」可能性が高い。
トイレとかでもちょっとした返信ならできる。ただし、「疲れてそんな気が起きない。わざわざlineを返信しなくてもいい。」程度で考えているなら、長いこと返事が来ないと考えておいたほうがいい。

■きちんとメッセージを考えて作り、返信したいと思っている
ちゃんと中身のあるメッセージを伝えたい。役に立つメッセージを送りたいと考えている場合は返事が遅れる。

■忘れている
単純にどうでもよいと思っている。返事を返さなくても問題ないと考えている。

■どんな返事をしていいかわからない
内容が難しく、回答に困る場合は簡単に返事ができないと考えているかもしれない。lineの画面を睨みつけて悩んでいると思う。 メッセージの内容が重いとか、回答に困るような質問をしてるかもしれんぞ?

■読んで満足
lineを読んで満足し、自己完結している。返事を求めるなら質問を投げつけろ。

■気を引きたい
気を引くのが目的。わざとlineの返事を遅らせている可能性が高い。遊び人がよく使うテクニックなので振り回されないように。

■line自体が面倒
lineを連絡手段として使っているパターン。そもそもlineをコミュニケーションツールとして使っていない。別に気がないわけではないが、lineでのトークが面倒だと考えている男もたくさんいる。

■あなたのlineを迷惑だと思っている
合コンの後など、出会ったばかりで既読無視をされたのなら、好意や興味がほとんど無いと考えられる。この場合、いくらメッセージを送っても返事が来ない。それくらいならいいが、最終的にブロックされるケースもある。



追うより追われるのが好き

男に何度もlineメッセージを送ってしまうとウザがられたりして気持ちが冷める場合がある。俺の場合だと、10分おきにメッセージが頻繁に入ると「うっとうしいな」という気持ちになり確実に嫌いになる

メッセージを送ったら基本的には返事が来るまで待機。心配や不安はあるはずだが、我慢して返事を待つよう、心掛けたほうがいい。

過剰な要求に注意

lineでああしてほしい、こうしてほしい、は甘えとして受け取ってもらえないこともある。

たとえば、「プレゼントは○○がいいなぁ」とか、「週末は○○に行きたい~」、「今度○○に旅行したいなぁ~」などは欲求を満たすためだけに自分と付き合っているのか?と思われる可能性が高い。

lineの時間帯に注意する

深夜に考えさせるようなメッセージ、悩みの深いメッセージを送るのはあまりおすすめできない。 相手の休息を奪う可能性がある。重要な話題は実際に顔を合わせて話すほうが好感はまだ持てるだろう。

悩みを聞いてくれてありがとう、相談にのってくれてありがとう、など実際に会って感謝を伝えると相乗効果でなお良し。

まとめ

lineは便利なツールだが、使い方によっては相手を深く傷つけてしまう可能性もある。 また、人によっては勘違いや誤解をまねく場合もあるのでメッセージを送るときには注意が必要だ。

人間なら誰でも自分の時間を大切にしたいと考えているはずだ。これは、男も女も両方にいえることだと思う。

メッセージを送るなら時間帯を考える。相手を不愉快にさせない内容を考える。 そんな最低限のことすら考えずにlineでやりとりしようとすると、モテるどころの話ではない状況になるだろう。

気になるあの人に振り向いてほしいなら、それなりの態度や接し方をしなければならない。自分の立場だけでなく、相手の立場になって気持ちを理解することも大切だ。

別ぺージも役立つ情報 満載なので見ていくといい(゚Д゚)

目次へ

先頭へ